日本語と言語

日本語学校で教えていると、色々発見がある。中華系の人は割と推しが強い人が多いが、これは中国語の影響もあるのではと思っている。中国語は漢字だけで表現する言葉なので、日本語に比べるとそっけない表現が多い。これは優劣論ではなく言語の特性の話である。中国語は声調があるので、やはり声を張らないといけない。そして表意文字の漢字をボンボン置いていく言語なので、日本語に比べると力強い。日本人からするとちょっときつく感じることもあるかもしれない。その中華系の学生も日本語を話すととときは人格まで柔らかく見える。これは日本語の特性なのだろう。ちなみにわたしは中華人の押しの強い感じは割と好きである。

日本語は微妙な感情の機微を表現する言葉が比較的多い言語であると思う。表現の導入で苦労するのが多いのも、そもそもそういう感情はあまりなく学習者にはピンとこないからだと思う。

そういう特性を持った言語を話す我々が英語などが苦手なのは、多彩な表現をそのまま英訳しようとするからだと思う。

極端な例だが、腹わた煮え繰り返るをそのまま英訳しようとするからいけない。

伝えたいことのコアはなんなのか、それを抽象化し、訳す必要がある。つまり非常に怒っているという意味な訳で、I’m very angry.で十分である。表現は言語により多種多様、単語の置き換えで済む言葉は多くない。日本人は真面目だから、一つ一つ辞書を引いて正確な文を作ろうとする。腸はIntestineだから。。とやってしまうから良くない。これは極端な例だが、あまりにも近視眼的と言えるだろう。伝えたい意味はなんなのか考える訓練が必要だろう。

わたしは本当に適当な人間なので辞書はほとんど引かずに、自分が知っている単語を使ってなんとか意味を伝えようとする。おそらく間違いもたくさんあると思うが、意味はそれなりに伝わる。

言葉はシンプルでいい、多少間違ってもいい。ネイティブではないのだから。英語ネイティブもそんなことは求めていない。