転居した。

転職をして収入が激減した(もうサラリーマンじゃない)ので、今までの安定した生活(精神的には地獄)を終えて、収入不安定で、いまのところはまだ稼げない。

そんなわけで生活を見直す必要があった。一番の固定費である家賃を減らそうと思った。もちろん今までのところは会社員の給料ベースで借りられるくらいの家賃だから、とても払えない。というわけで引越し。同じ東京都内ではあるがかなり田舎に引っ越した。家賃はほぼ半額である。それでいてそんなにボロい感じではない。これは大きい。不動産屋にいくつか内見させてもらったが、ロフトがついている物件が多かった。多分安い家賃で探していたので、床面積が狭いものが多いのだろう。だからロフトをつけて床面積を増やしているのだろう。

もちろんいまの家もロフトがついている、意外とロフトが広かったので、仕事スペースにした。寝起きしたりご飯を食べたりするのは下。うちは天井が高い。一階部分もそんなに広いわけじゃないけど、天井が高いと広く感じるものだ。余談だが確か軽自動車は車幅と全長は規制があって一定以上は大きくできないらしいが、全高はなかったはず。上に大きくすることで広く感じる。これがスズキスペーシアなどを代表する軽ハイトワゴンだが、私の部屋もまさにそんな感じだ。縦方向に余裕があるとたしかに広々感じる。うちにはでかい本棚があるので、天井の高さと相まって、ちょっと図書館みたいな感じだ。私は本が好きなので、図書館に住めるとはなかなかである。周辺環境も悪くない。たしかに23区と比べると不便は不便である。刺激も少ない。大きい本屋もない。でも私は都会より田舎が好きだし(とはいえ都心まで30分あまりである)、買い物は都心ですればいい。職場は都心だし。本屋も仕事帰りによればいい。

そういうわけで、私は今までかなり転居してきた方だが、今のところが今までで一番安く、一番満足度が高い。よかったよかった。