英語の聞き取りについて少し。

私の英語の聞き取りについて、KeynoteやTEDのようなプレゼンやアナウンスは割と聞き取れるのだが、映画など、口語表現が出てくるのはまるでダメだ。みんながみんな明瞭に話さないということもあるが、そもそも聞いたことのない表現が多すぎる。多分スクリプトにしても瞬間的に理解は難しいだろう。文字化してわからないものが聞いてわかるわけがない。

また言語の考え方も英語と日本語ではまるで違うのだ。この考え方の差が習得を困難にしている一番の理由ではないかと思っている。一方中国語は漢字を共有しているし言語の考え方もかなり近い。だから英語よりは学びやすい。ちなみに私は台湾人と英語で会話をすることがあるが、聞き取りやすい。これは中国語が開音節という、発音のことだけではなくて、言語の考え方が近い人の英語ということと、ノンネイティブだから、崩れた口語表現が出てこないことにある。

日本語は外来語を豊富に取り込んでいる言語だから単語レベルでは英語を知っているが、肝心な考え方は微塵も似ていない。

だから特に映画のような口語表現がたくさん出てくるのは特に困難で、膨大な時間がかかると思う。しかしノンネイティブとして話すなら、さほど難しいことではないように思う。