日本人はなぜ英語が使えないのか。

日本人が英語ができないのは海外でも割と有名だ。一番の原因は運用練習が足りていないからだと思う。その背景として日本では英語を話せなくても生活に困らないことが挙げられるだろう。文法もたしかに大切だが、なにより言葉というものは使ってみないと身につかないものだ。知識を知識のままにしている。それでは勿体無い。適切な文脈や用法などは使っていく中で体得していくもの。無味乾燥な知識だけ詰め込んでいても使えるようにはならない。ただ詰め込みを否定しているわけではない。初期段階においてはかなり集中して学ぶ必要がある。その後で使う訓練が必要だ。スポーツに置き換えるとわかりやすいが、ルールだけ学んでゲームができるかといったら無理なのはわかるだろう。実際にトレーニングしてないのだからできなくて当然だ。しかし日本人が英語を話せない状況はルールだけ教えて、試合に出しているようなものだ。できなくて当然である。

また言語間の距離も影響していると思われる。日本語と英語は殆ど接点がない言葉である。異質な言語といっていい。日本語は外来語として英語を取り入れているから、単語レベルでは理解できる人もいるかもしれない。だが、本来は語彙も文法も共通点がほとんどない。ちょっと難しい単語になると類推するのも難しいのだ。

英語を話したいなら英語を話す環境づくりが必要だ。よく言われるのが外国人の恋人を作るといいということ。これはたしかに効果があると思う。モチベーションと環境が整うからだ。ただ、実際には関係が冷めてきたときのほうが、英語力は伸びる。皮肉ではあるが。関係が熱いうちは、以心伝心なので言葉はそんなに必要ない。だが、関係が悪くなってきたとき、それを修復するためには言葉を選び紡ぐ必要がある。だから、語学力が伸びるのである。