中国語の勉強について

中国語を勉強しようと思って、まず何か教科書をということで入門用のものを買うわけだが、殆どの本は発音練習からスタートしている。中国語の発音は難しい。というか癖があるのでいきなりやるのは得策じゃない。我々日本人は漢字の知識があるので、それを活かし、まずは簡単な文を読み書きできるようになることが先決だ。発音はその後の方がいい。なぜならただひたすら発音させるというような意味がない反復練習では定着が薄いからだ。ある程度文がわかり、この漢字はこう読むのかと納得しながらの方が断然定着率は高い。また実際にピンインが読めるようになってくると思うことだが、本に載っている、膨大な発音のうち、発音されるのは全てじゃない。偏りがあるのだ。だから一生懸命発音に集中し満遍なく言えるようになっても実際に使うのは一部である。だから日本人は発音は後回しにした方がいいのだ。また未だに中国語の文法は英語と同じであると信じている人が多いけれど誤解である。多分SVOの文型を見てそう思ったのだろうが、似ているのはそれだけ。あとは全然似ていない。英語の感覚で中国語をやろうとすると挫折する。あまりにも違うからだ。中国語の文法は英語でなく日本語に似ている。これは日本語が漢字を使う言語だからというのもあるが、中国語は日本語と修飾の仕方も似ているし、何より言葉の考え方がかなり似通っている。例えば、日本語でこんにゃくは太らない。とか僕はウナギだ。という文が自然に使われているが、これを英語でやってしまうと相当変な文ができてしまう。こんにゃくが太らないわけじゃない。こんにゃくを食べる人が太らない。僕がウナギのわけはなく、僕が注文したのはウナギであるという意味。ウナギ文といって割と有名だが、日本語はこういう文を作る言語。ちなみに中国語もそっくり同じ意味合いの文がある。つまり日本語と中国語は主題優先型の言語でありこれは大きな共通点の1つ。だから中国語の文を作るにあたっては、日本語の思考を割とそのまま移行させれば良いものが多い。

日本人の中国語の学習はまず文法をシンプルに学び、その後で発音、語彙、文章、発話。の順が効率が良いと思う。