パソコン

私はサラリーマン時代は御多分に洩れずWindowsマシンを使っていました。学生時代はずっとマックでしたが、やはり日本の会社はWindows、取引先もWindowsなので、切り替えざるを得なかった。でも今は取引先がいる仕事ではないし、職場はもちろんWindowsメインだが、ファイルのやりとりを頻繁にする仕事ではないし、見積書などの送付など、ちょっとでもレイアウトが崩れたら大変なことになるという仕事でもないのでのでマックに戻し、メインマシンとして活躍してくれている。

ジョブズがいなくなって迷走中のアップルだが、Macに関しては使いやすさを残している。私はシンプルなものを好むので機能てんこ盛りでややこしいのは耐えられないのだ。マイクロソフトの製品の方が性能がいいのはわかっているが、ごちゃごちゃとしているのが、なんか嫌なのだ。とにかく作業に集中したいので、シンプルなのが一番。ゲームやる人やパソコンそのものが好きな人はWindowsがいいと思う。でも技術云々はどうでもよくてとにかく心地よい道具が欲しい人はMacにした方が幸せになれると思う。スティーブ・ジョブズが好んだように、ややこしいこと抜き!という姿勢がとても好きだ。この点はこれからも変わらないでいて欲しい。

私がよく使っているソフトは

pages 文書作成に使う

keynote 授業で使う

GarageBand 耳コピに使う。特に何もしなくてもレイテンシがないのは有難い。

numbers 簡単な表計算

livre office 同僚とのOfficeファイルのやりとりで使う。Windowsの方とのやりとりはこれで十分。

 

たしかにMacはスペックで考えるとコスパは悪い。でもその高コストでも使いたくなる、使いやすさがあると思う。最近のWindowsはあまり触ってないけど、どうなんだろう。よくなったと言われているけど。