英語と日本語

英語は論理的で日本語は曖昧とよく言われますが、言葉の仕組みなどを考えるとそんなことはないのではと思っています。

日本語は表記が難しかったり、似ている言葉があまりないので日本語はとらえどころがないように、外国人から思われているようですが(もしかしたら日本人自身にも)

日本語は文法自体は非常に規則的で英語のような不規則活用動詞はたった2つしかありません。また外来語を取り込むのも非常に長けている言語ですが、その外来語でさえ、日本語のルールをしっかり適用し日本語として取り込んでしまいます。一方英語は不規則動詞はあるわ、同じ形が名詞として使われたり、動詞として使われたり、よく言えば文脈に応じてフレキシブルですが、節操がないとも言えます。また形容詞を作る接辞と副詞を作る接辞が全く同じだったり。もう訳がわかりません。全て文脈で構造的に判断しろということでしょうが、ちょっと不親切ではないかと思います。

日本語は膠着語なので、名詞に助詞がくっつき、文の中でどのような役割をしているのか表示するマーカーが御丁寧についているのです。これもわかりやすい。助詞があるから、語順が厳格に決まっていません。曖昧に思われるかもしれませんが、規則がしっかりしているからこそ、自由度が高いのです。

日本語が曖昧と言われるのは、文法的なことではなくモダリティ表現が豊富だからではないかと思います。高文脈文化の日本語と日本人だから、曖昧に見られるのかもしれません。