メディアとの距離の取り方

震災以来日本のテレビと新聞は殆ど見なくなりました。本当に大切なことは隠蔽されるからです。問題があってもなかったことにされ報道せず、本当にどうしようもなくなってから、千年に一度の。とか想定外の。とのたまう始末。

日本のメディアはあまりあてになるものじゃないなと思い、日本のテレビや新聞からは距離を置いています。日本はもはや自浄能力は失っていると思うので、外圧でしか変わらないでしょう。日本の中から見る日本という視点では正しい情報が伝わってこないと思っているので、情報は英語ベースで入れています。英語なら何でも良いかというと決してそんなことはなく、多様なソースから多面的に仕入れるべきだと思っています。あと地理的な要因も。私は個人的にイギリスが好きなのでBBCを見ることが多いですが、英語が大してできない私には難しさを感じる場面もある。またヨーロッパの端に位置するため、あまり日本や東アジアのニュースは取り上げられない。目的は日本とその周辺のニュースを外部から見た視点で入手したいので、欧州のニュースは今ひとつ。ですから今はアジアの英語圏シンガポールと香港のニュースを見るようにしています。ノンネイティヴの人も読むことを想定しているのか、英国のニュースより読みやすい。

とはいえ、どのメディアも一長一短ありますので、鵜呑みにせず自分の頭で考える習慣をつけたいものです。

日本の新聞の英字版はやめといたほうがいいと思います(笑)