本選び

世の中本にあふれている。しかし、自分に本当に必要な本はそれほど多くない。私は読書は自分を豊かにするものでなくてはならないと考える。

本を選ぶ上で1つの基準として私が挙げているのが、興味がある分野であることは当然だが一読して理解できない本を選ぶこと。

本は著者とのコミュニケーションであり、知力の比べ合いなのだ。一読してわからないということはその著者の能力が自分の能力を凌駕しているということだ。一読してすぐわかる本は読んでいて楽だが、理解できるということは、その本の内容は自分でも考えられる程度の内容だ。私はそういう本がダメだと言っているわけではないが、本を師匠として考えるなら、自分の能力を超えている人を選ばなくてはならない。学習とは異質なものを如何に取り込めるかの勝負だ。

それが望める本は、一読してわからず、再読に耐えられる本である。