新型iPhone出ましたね。

iPhone X出ましたが、物理ホームボタンをなくしたそうです。あれは一つの発明なんだと思います。とにかく困ったらこのボタンを押せばいいという、全てをそこに帰結させる優れたインターフェースだと思うんだが、なんかこれからジェスチャがどんどん増えていきややこしくなりそうです。なんか新しいものはないし、既存の技術を水増ししているだけにどうしても思えるのです。

アップルのプレゼンにおいて一番失われたと思うことが、
物事を極限まで削ぎ落とし、単純明快に伝えるということ。
これはジョブズのスタイルだったと思うし、禅の考え方なんだと思う。
結局大切なのは技術じゃ無いんです。むしろそれを使ってどう世界を変えるかなのです。技術はバックテクノロジーに過ぎません。世の中の大半の人はテクノギークではなく、普通の人なのです。その普通の暮らしを一変させる。これがアップルの強みではなかったか。