資格試験の勉強について

資格合格を目指して試験勉強している人はたくさんいると思います。その過程において過去問を解くということは欠かせません。

その過去問ですが2通りの使い方ができると思っています。それは分析と演習という観点で分けられると思います。まずは問題を解析して、不明点はしっかりと調べ自分の中の知識を確固たるものにする段階です。

次の段階としては演習です。問題を解く能力をつけるということです。試験は通常は時間制限がありますから、前者のようなじっくり問題を分析していてはとても間に合いません。ですから、じっくりと問題に向き合うといった観点とは別のアプローチが必要なのです。そのために必要なのが今まで積み上げてきた知識を一旦忘れるのです。逆説的ですが効果があります。もちろんそれ以前にしっかりとした積み上げをしていることが前提です。一旦忘れたら、あとはひたすら問題をたくさんこなすことです。その中で瞬発力や洞察力を磨くのです。

恐ろしいことですが、あまりにインプットの量が多いと、判断力や洞察力が鈍ることがあるのです。頭の中に情報が多すぎると、類推の力は落ちます。これが本当に難しいところで、本気でガリガリ勉強した人が落ちて、ほどほどの人の方が受かったなんてことが起きるのです。

ですから、分析力、瞬発力と洞察力とは能力が異なるので、別に訓練する必要があるということです。

その両輪がうまく回ることで良いパフォーマンスを発揮することができると思います。