英語多読について。

語学学習には多読がいいと言われています。

多読をするにあたり辞書を引くか引かないかで意見が分かれると思います。

私は英語力が高いわけでないが、読書中はほとんど引かない。

その理由は2つあり、単純に時間がかかり文の流れに乗れないから。もう1つは文脈から類推するスキルを高めるため。

文章を読んでいる段階では辞書を引かず文脈や文型から意味を類推する。読後辞書を引き意味を調べ、自分の類推した意味と辞書の意味との間の乖離を見る。

重要なのはすぐに意味を調べるのではなく、つまり答えを見るのではなく、自分の持っている知識、(日本語の知識も含めて全部)を総動員して予想し、答え合わせをしてみるのだ。

この作業に慣れ、経験が蓄積してくると、予想した意味と辞書を引いて出た意味の乖離が小さくなってくる。より辞書を引かなくても読めるようになってくる。

多読のキーとなるのが類推であるが、それをよりやりやすくなるために1つ補足がある。それは自分の興味がある分野や専門分野の書籍を読むこと。そうすることでより類推の負荷が減ってよりたくさん読めるようになる。私は専門分野や趣味の内容の英文は読みやすく感じるが、専門外や予備知識がない、または興味がない分野の英文は本当に読めない。

多読は楽しく続けるのが1番いい。