高付加価値の仕事を

業種にもよるが必ずしも会社に属して仕事をすること一択ではなくなっていく。特にアイデアレイヤーの仕事は集団でやればいい仕事ができるというわけじゃないから、力を持つ個に主導権が移っていくと思う。一方労働集約的なサービス業などは単価が下がったり、外国人労働者に取って代わられるだろう。

 だから、我々日本人は、どのような仕事につくにしてもいかに付加価値を生み出す仕事ができるか、もっとわかりやすくいうなら面白い仕事ができるようにならないと、価格競争の波にのまれて仕事を失いかねない。しかもグローバルな価格競争は熾烈ですよ。仕事を失わないまでも単価下落には免れないだろう