読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社で働くとは

人1人生きていくためにはお金はそんなに必要ない。足りないと思うのは、そう思わされているだけでしょ。ですから1人で生きるぶんだけ稼げばいいのだから、人間性を無くしてまで必要以上に仕事に捧げる必要はないと思う。

会社で働くことは自分の食い扶持を稼ぐというよりは、会社を繁栄、みんなの食い扶持を稼ぐ必要があるので、大変になって当然だと思う。つまり会社で働くということはパッケージ化された労働ということもできる。人によっては自分のライフスタイルに合致するかもしれないが中には合わない人もいる。会社の都合や他人の都合が強制的に上乗せされた状態で「提供」されるのだ。

会社で働くことをパッケージ化された労働と書いたが、反対に労働のバラ売りはないだろうか。インターネットの発達によりクラウドソーシングが台頭しているのを知り、ピンときた。わたしもその可能性について考えていきたい。