日本語と言語

日本語学校で教えていると、色々発見がある。中華系の人は割と推しが強い人が多いが、これは中国語の影響もあるのではと思っている。中国語は漢字だけで表現する言葉なので、日本語に比べるとそっけない表現が多い。これは優劣論ではなく言語の特性の話である。中国語は声調があるので、やはり声を張らないといけない。そして表意文字の漢字をボンボン置いていく言語なので、日本語に比べると力強い。日本人からするとちょっときつく感じることもあるかもしれない。その中華系の学生も日本語を話すととときは人格まで柔らかく見える。これは日本語の特性なのだろう。ちなみにわたしは中華人の押しの強い感じは割と好きである。

日本語は微妙な感情の機微を表現する言葉が比較的多い言語であると思う。表現の導入で苦労するのが多いのも、そもそもそういう感情はあまりなく学習者にはピンとこないからだと思う。

そういう特性を持った言語を話す我々が英語などが苦手なのは、多彩な表現をそのまま英訳しようとするからだと思う。

極端な例だが、腹わた煮え繰り返るをそのまま英訳しようとするからいけない。

伝えたいことのコアはなんなのか、それを抽象化し、訳す必要がある。つまり非常に怒っているという意味な訳で、I’m very angry.で十分である。表現は言語により多種多様、単語の置き換えで済む言葉は多くない。日本人は真面目だから、一つ一つ辞書を引いて正確な文を作ろうとする。腸はIntestineだから。。とやってしまうから良くない。これは極端な例だが、あまりにも近視眼的と言えるだろう。伝えたい意味はなんなのか考える訓練が必要だろう。

わたしは本当に適当な人間なので辞書はほとんど引かずに、自分が知っている単語を使ってなんとか意味を伝えようとする。おそらく間違いもたくさんあると思うが、意味はそれなりに伝わる。

言葉はシンプルでいい、多少間違ってもいい。ネイティブではないのだから。英語ネイティブもそんなことは求めていない。

英語教育について。

日本の英語教育が用法丸暗記主義なのは、なんでそうなるのかを教師側がわかってなくても、こう言うものだから覚えてください。と言えてしまうから。つまり教師の力量が足りなくても教えられてしまうひどい代物なのです。

酷いものになると、may I help you?

をいらっしゃいませとして、覚えさせるものもある。これはもはや害悪でしかない。物事の本質を理解できない教師がこの教材を使うと、may I help you?

はいらっしゃいませのことです。としてしまう。これらの英語の表現と日本語の表現は意味しているものがまるで異なる。may I help you?の方は、何かお手伝い致しましょうか?の意味。例えば商品を探したり、棚から商品をとったり。あなたのお買い物をお手伝いしますよ。という意味。日本語のいらっしゃいませは、言葉の通り、ようこそいらっしゃいました。という挨拶。だから本質的には全然違うことを言っている。これを両者をイコールで結んでしまうのは乱暴すぎる。

また what do you do?がお仕事何されてますか。の意味になる。これは間違ってはいないが、これもちゃんと理解していないと、workやjobは全く入っていないにもかかわらずwhat do you doはお仕事何してますか。と言う意味です。覚えましょう。とやってしまう。これは学生の暗記の負担を増やしてしまうだけのやり方。

これも現在形は恒常表現であることが説明できれば、暗記の必要はなくなる。いつもやっていることはなんですか。と言う意味から、仕事は何してますか。に意味が派生する。

最近は学校教育はどうなのでしょう。私が受けてきた教育がたまたまひどかっただけかもしれないが、教員は自己研鑽をしなくなったらおしまいだとおもう。

歌詞翻訳

たまにやる趣味の歌詞翻訳です。

One more time One more chance 山崎まさよし

 

これ以上何を失えば 心は許されるの
If I lose any more, then my heart will be forgiven?
どれ程の痛みならば もういちど君に会える
If I feel pain then I can see you again?
One more time 季節よ うつろわないで
One more time Season, Don’t leave me
One more time ふざけあった 時間よ
One more time Oh Our days played together.

くいちがう時はいつも 僕が先に折れたね
When we have different think, always I obey your opinion
わがままな性格が なおさら愛しくさせた
Selfish personality makes me loving you rather
One more chance 記憶に足を取られて
One more chance our memory
One more chance 次の場所を選べない
can't Let me choose next place.

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
I’m always looking for you somewhere
向いのホーム 路地裏の窓
A platform A window neighborhood.
こんなとこにいるはずもないのに
I know you aren’t in here clearly.
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
If my wish came true, I’m coming to you.
できないことは もう何もない
There is nothing not to do,
すべてかけて抱きしめてみせるよ
I will embrace you by my life all,

寂しさ紛らすだけなら 誰でもいいはずなのに
If I want to distract from missing, Anyone is useful.
星が落ちそうな夜だから 自分をいつわれない
starry night, so I don’t tell a lie myself
One more time 季節よ うつろわないで
One more time Season, Don’t leave me
One more time ふざけあった 時間よ
Oh Our days played together.

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
I’m always looking for you somewhere
交差点でも 夢の中でも
In Crossing. In dream
こんなとこにいるはずもないのに
I really know you aren’t in here no more.
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
If miracle came, I want to show you right now.
新しい朝 これからの僕
New days, me in the future.
言えなかった「好き」という言葉も
The only word that I can’t tell you “ I love you”

夏の思い出がまわる
I recall our summer memory.
ふいに消えた鼓動
You suddenly disappeared.


いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
I’m always looking for you somewhere
明け方の街 桜木町
Sakuragicho in dawn,
こんなとこに来るはずもないのに
It’s obvious that you come to here, I know.
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
If my dream came true, I wanna see you now.
できないことは もう何もない
There is nothing not to do
すべてかけて抱きしめてみせるよ
Embracing you in my life all.


命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
If life is repeated, coming to you any number of time
欲しいものなど もう何もない
There is nothing to want,
君のほかに大切なものなど
There is no important thing other than you.

ハンデを背負っている方へ。

私は昔から何をするにも遅く、いつもみんなに遅れをとるタイプでした。

みんなが普通にできることがなぜかできない。なぜできるのかがわからなかった。

病院で調べたところ、私の場合、特に短期記憶力が著しく低いらしく、特に計算が苦手だった。算数などの問題をやるとき、計算結果を一時的に覚えておか必要があります。わたしにはそれができない。すぐに忘れてしまうので、すぐにわからなくなる。おまけに感覚も過敏なので、他人が書いている音に気が行ってしまい、一切集中できない。特に瞬間的な暗記ものがひどかった。だからできなかったのは算数。注意力もないため、計算ミスは必ずしてしまう。

空気が読めないわけではないと思うけど、友達はあまりできなかった。共感できるものが無くて。

俗に誰でもできる仕事、マックジョブと言われるが、わたしにはそれが一番敷居が高い。何しろ今何をしていたのかすぐにわからなくなってしまうからだ。あのての仕事は短期記憶力と臨機応変さが重要。わたしは両方ともない。壊滅的にない。

上司や先輩から、メモをとるなと言われたけど、メモを取らないと、頭に残っているものはゼロだ。

全くひどいものだ。でもここでもなぜみんなができて自分ができないのかがわからなかった。

わたしは大学卒業してから接客業に長いこと勤めてきたが、接客は嫌いではなかったが適性はなかったと思う。

大学時代頃から、わたしは人とは違っているらしい(マイナスの意味です)。と、薄々感づいてきたが、ここで方向転換するべきだったが、そのまま普通に就活をしてしまい、不適性な職場に長くいたことで、心身病んでしまった。

短期記憶力は低いが、長期記憶に移行してしまうとかなり強固なので、発達障害をお持ちの方はよく自分の適性を判断してじっくり進路を決めるべきだと思います。みんながやっているから大丈夫というのは発達障害の人には当てはまらないことが多いと思います。しかもわたしの場合は創造力も低いので、自分が何ができるかも考えることができずに、適性がない職場に居続けてしまうケースもあります。わたしは今は会社員ではありません。働き方はいろいろです。会社員だけが全てではないと思います。日本の場合、就職イコール就社(正社員)というのがまだまだ根強いですが。だんだん変わっていくと思います。とにかくハンデ(とはあまりいいたくないですが)人とは少し違った特性を持っている人は、自己との対話をして、自分に合った進路をみつけてほしいとおもいます。

 

最近の音楽教育は。

私は昔ヤマハの個人教室に通っていたことがある。それより前に少年野球チームに入っていた。それも自分がやりたかったわけでもなく、「男はスポーツして男らしくないといかん」といううちの親父の意向により、半強制的に参加(笑)

たしかに丈夫に逞しく育ってもらいたいという親の気持ちはわかるが、わたしは運動が苦手だ。というより、どうやって体を動かしたらいいかわからないというところがある。どうやってボールを投げればいいかわからない。フライが上がってもボールとの距離感がつかめず、顔面でキャッチしてしまう。そんなのび太状態だったから当然面白くもなく、日曜日はなんとなく嫌だなあという日々を過ごした。そこでなにか興味のあることをと思って通わせてもらったのが音楽教室だった。前置きが長くなったが、今回は楽器の話。当時わたしが通っていた音楽教室ではピアノとエレクトーンで、母親がエレクトーンを弾いていたいうこともあり、エレクトーンを選択した。今もエレクトロニカやテクノが好きだが、当時も電子音というものにやられていた。(笑)また当時のエレクトーンはELシリーズだった(今のステージアシリーズの前世代だと思う)。

それまで音楽というものにノータッチできたので、続くかわからないということで、とりあえずエントリーモデルを買ってもらった。今もそうだか知らないが、その当時はヤマハの出す楽譜にはフロッピーディスクが付いており、それにはMIDIデータが入っており、リズム隊や今でいうところのアルペジエーターが入っており、それとともに一緒に演奏することで1人バンドやオーケストラができるといったものだった。エレクトーンを買うと、なにか曲を弾きたいとなるとMIDIデータ付きの楽譜を購入する必要がある。といったビジネスモデルだったのだろう。しかもその楽譜にもヒエラルキーがあり、レッスンが進んで上達すると難しい曲を弾きたくなるが、上位モデルでないとそのデータが走らないというケースがかなりあった。わたしの場合、鳴かず飛ばずの野球時代とは違い、それなりに上達し、グレード5〜3級レベルの曲を弾くようになった。今はどうか知らないが、指導グレード、つまり先生が弾くレベルの曲というところである。となると、当然、対象機種は最上位機種のみ。うちにあるのはエントリーモデル。データを読み込むこともできなかった。先生のうちにある機種でしか練習できないのだ。多分当時150万円位したと思う。高すぎる。当時小学生だったので、もちろんお金はないし、親に買ってくれといえる額ではなかった。音楽芸能関係者の親父からはエレクトーンはあくまで家庭用だ。といわれ、当時電子楽器というと、エレクトーンしか知らなかった私は実際にプロはなにを使っているんだと聞くと、エレクトーンではなくシンセサイザーであり、ヤマハではなく、聞いたこともないローランドというメーカーということらしかった。(今のわたしのキーボードはローランド製である)

当時親父は姫神の仕事をしていたので、CDがあり、聞いてみるとエレクトーンとは比べものにならない世界観に圧倒された。そのあたりからテクノにハマりだし、坂本龍一YMOを聴き始めたのはその後だった。エレクトーンは家庭用ということが何となくわかってしまい、わたしはエレクトーンから遠ざかってしまった。上位下位の機種のヒエラルキーも、煩わしいと思っていたし。そのあと一旦レッスンは辞め、高校生になってからピアノを始めた。ちょうど坂本龍一エナジーフローが流行った頃だ。これが弾けたらさぞかしかっこいいだろうなと思い、またレッスンに通った。親にはまたピアノを買ってもらってしまった。でもエレクトーンのように機械に弾かされている感じもなく、自力で弾いている感じが楽しかった。

一つ思うことは今のヤマハがどうなっているか知らないがエレクトーンは高すぎる。一生ものの楽器でもなく、数年経てば使えなくなる。それに100万以上はコストに見合わない。

わたしには子供はいないが、もし子供が本気でエレクトーンをやりたいと言ったらとりあえずピアノをやらせて、88鍵ピアノ鍵盤のシンセサイザーMacを買い与えると思う。エレクトーンはなんだが、ヤマハのシンセは素晴らしい。モンタージュが最新かな。プロユースのモンタージュの最高峰モデルでもエレクトーンよりはずっと安い。その方が長く楽しめると思うからだ。それに曲の打ち込みはMacの方がやりやすい。けどそうならないのは疑問だ。パソコンは他にも用途はあるからさらにコスパは良いと思うのだが。

 

もちろん

台湾や中国で入らないでくださいの意味で請勿進入をよく見る。〜しないでくださいの意味ですね。英語だとnot pleaseですね。

しかしなんで勿がnotなのか、特に調べもしなかったのでわからなかった。

でも勿論の勿だしなと思っていた。

日本語のもちろんof courseのイメージに引きずられて、not の意味に繋がらなかったが、

論ずるまでもなく、当たり前だという意味で勿論なんだなと思った。〜までもないという意味で、否定の意味が入っているんだな。無論も同じ仕組みで意味が成り立っている。

中国語をやると日本語の勉強にもなりますね。

Chasing pavements


Adele
Chasing pavements
Lyrics,
I've made up my mind,
僕はもう決めてしまったんだ。
Don't need to think it over
If I'm wrong, I am right
間違っていても正しくても、考え直す必要はない。
Don't need to look no further,
これ以上先を見ても仕方ない。
This ain't lust
これは欲ではなくて
I know this is love
愛だから。
But, if I tell the world
世界中に言ったとしても
I'll never say enough
十分ではないんだ。
'cause it was not said to you
あなたに伝えない限りは。
And that's exactly what I need to do
これが私が望んでいたことだから。
If I end up with you
これが終わりだとしても。

Should I give up,
諦めるべきなのか
Or should I just keep chasin' pavements?
自分の道を突き進むべきか。
Even if it leads nowhere
たとえこの先に何もなくても。
Or would it be a waste
これは無駄なのか?
Even if I knew my place
私のいるべきところを知っていたとしても。
Should I leave it there
全て終わりにすべきなのか
Should I give up,
諦めた方がいいの?
Or should I just keep chasin' pavements
それとも自分の道を進み続けるべきか。
Even if it leads nowhere
その先に何もなくても。